中央工学校OSAKA
専門教育コース
CG・BIMをマスターし、説得力のある新時代のプレゼンテーションができるプロフェッショナルを育成
 3次元モデルを作成する技術を学び、設計から施工計画に至るまで、プロジェクトの初期段階からの作業や、データベースを共有する重要性を修得し、さらに「BIM」の教育プログラムの導入によって建築業界の未来を担う人材を育成します。また、説得力のあるプレゼンテーションツールを作成できる技術を修得します。
 学校の中だけでは学べない工事現場や建築物の見学、本校とパートナーズのセミナーへの積極的参加、さらに商品開発に参加し、提案・制作活動するなど、実務教育の一環としてさまざまなフィールドでの教育に取り組んでいます。
 企業で実際の仕事を体験することは、学校だけでは得られない貴重な体験となります。自分の「職業適性」や「将来設計」を考えるきっかけになり、主体的に職業を選択することにつながります。
 学生を指導する若手社員の育成、成長や優秀な人材の発掘にも結びつきます。また、企業に対する理解が深まり、採用だけでなく共同研究などの様々な分野で産学連携の可能性が広がります。
 インターンシップを通じて、学校で学んでいることが社会とどのようにつながっているかを知ることができます。自分に足りないものに気づき、今後の学業への向き合い方、学生生活の送り方に変化を及ぼしていきます。
建築学科
住宅デザイン科
インテリアデザイン科
建築CGデザイン科