大阪歯科衛生士専門学校
プロライセンスコース
あらゆる歯科医療現場に対応できるより能力の高い人材を業界と共に育成します。
 厚生労働省が定める歯科衛生士養成の為の臨床実習の基準には含まれていない、障がい者・高齢者・乳幼児に関する医療・介護現場等での実習を経験し、より能力の高い人材の育成を行う。
 実習施設と学校が共同で、実習内容・カリキュラムを作成し、校内での座学による事前授業、施設側の事前指導を行った後、現場での実習を行い、終了後内容の復習と確認をするための事後指導を行う。
 歯科衛生士業務に対する目的意識を高め、広い知識、経験、実践力を身に付けることができる。
 様々な医療現場を経験することにより、他職種との関連や、広い知識。より実践的な技術をを習得することができる。
 歯科衛生士業務に対する新たな視点を持つことができ、就職先選択の視野を広げ、就職後のミスマッチによる早期退職も防ぐことができる。
歯科衛生士学科