大阪医療秘書福祉専門学校
プロ育成教育コース
豊富な医療機関と充実したカリキュラムにより医療秘書のプロを育成
 「人を活かし、困難を希望に変える」をミッションとし、学校教育法に基づき、医療秘書として医療に従事しようとする者に必要な知識技能を教授し、明日の医療界を担う「患者様のこうして欲しいを理解し、考え動ける人材」を養成する事を目的とする。
 当校の教育方針を理解頂いた医療機関を選定し、予め医療機関担当者と実習期間中のスケジュール、指導体制を明確に摺合せた上で実習を行う。受付業務・保険請求事務・秘書業務・病棟クラーク業務等、医療機関の様々な仕事を、2年時の6月〜7月の4週間にわたり実施。
 医療現場での実習を通して、医療従事者としての専門的な知識・技術を修得し、希望の医療機関に就職できる。
 医療分野について実践的な知識・技術を修得し、高いコミュニケーション力を持った人材を獲得できる。
 「人間力」を養う為の独自のカリキュラムを取り入れ、社会で長く働ける社会人基礎力を設けている。また業界への興味・関心を高める為に、在学時より卒業生・業界関係者の講話やケーススタディの機会を設けている。
医療秘書科
診療情報管理士科
介護福祉科