数字で見る「専修学校の実態報告」
専門学校は大学に次ぐ進学先
■進学状況 高等学校卒業者の進学率の推移(現役進学率)
 文部科学省「平成27年度学校基本調査」では、平成27年3月の高等学校卒業者の進学率は、「大学(進学率48.9%)」、「専門学校(進学率16.7%)、「短期大学(進学率5.2%)」となっており、専門学校は、現役高校生にとって、大学に次ぐ第二の進学先として選択されています。
■過年度卒業者を含めた進学率(就学率)の推移
 さらに、過年度卒業生を加えると、「大学(進学率51.5%)」、「専門学校(進学率22.4%)、「短期大学(進学率5.1%)」となります。現役高校卒業生のデータと比較すると、過年度卒業生からは、専門学校が最も多く進学先として選ばれていることが分かります。